hidehiko miura

atmosphere, topography, deep listening...

about

三浦秀彦 Hidehiko Miura
1966年岩手県宮古市生まれ。1990年代より地平線や地形、大気をテーマに身体性やインタラクションを意識したインスタレーションの制作と発表を続ける。’96年「最も遠くにある音に耳を傾け、それに音をつけ加えてみる。」Gallery Canolfan(名古屋) 、’01年「大気の地形にそって」Gallery Art Space (東京)、’04年「等高線を辿って」日本科学未来館(東京)、’04年「Tube/Cave」BankArt 馬車道(横浜)、’12年「花をうつす、いきられた部屋」旧柳下邸(横浜市)、’14年「Sound Vessel」(MEDI-ARTz Zushi 2014出展作品)などがある。
1990年 千葉大学工学部工業意匠学科卒、1992年 同大学院修了。ヤマハ株式会社デザイン研究所勤務後、1997年渡英、ロイヤル・カレッジ オブ アート(RCA) ID&Furniture(MA)コースでロン・アラッドやアンソニー・ダンに学ぶ。2000年クラウドデザイン設立 。 プロダクト、家具、空間、インタラクション等のデザインの実践と実験を行い、 日常の中にある創造性や意識、モノと場と身体の関わりについて思考している。